NPO法人病児保育を作る会

NPO法人病児保育を作る会の(緊急サポートセンター埼玉、さいたまファミリー・サポート・センター、すみだ子育て支援ネットはぐ)が運営している病児保育・一時保育・一時預り・送迎・宿泊保育サービス

きっと作る。子育てと仕事が両立できる地域と社会。当会の活動概略

東松山市において緊急サポート事業を開始しました。(2017年6月1日)
八潮市においてファミリー・サポート・センター事業を開始しました。(2017年4月1日)
墨田区において子どもショートステイ(協力家庭版)を開始しました。(2016年12月1日)
八潮市においてやしお子育てほっとステーションを開設しました。(2016年10月3日)
美里町において緊急サポート・ファミリーサポート事業を開始しました。(2015年10月1日)
埼玉県において里親登録推進事業を開始しました。(2015年6月1日)

 
当会の活動内容

①訪問型病児保育(自主運営事業)

2004年から実施。活動地域は墨田区限定です(地域により制度は異なります)。利用者宅に訪問し、病児保育を中心に行っています。平日8時~18時で1時間1,100円~。保育サポートをしていただける方やサポートのフォローをいただける方をお住まいの地域で探していただければ活動地域を広げることも可能です。

事務局連絡先 

墨田区の方は03-3616-5371

Mail(各地域共通) byoujihoiku@oboe.ocn.ne.jp

詳細はコチラ。

②緊急サポートセンター埼玉(埼玉県各市・町委託事業)

さいたま市、川口市、川越市、所沢市、越谷市、春日部市、熊谷市、三郷市、戸田市、ふじみ野市、富士見市、東松山市、和光市、八潮市、蕨市、志木市、吉川市、蓮田市、白岡市、三芳町、越生町、嵐山町、ときがわ町、滑川町、吉見町、川島町、毛呂山町、美里町からの委託事業として行ないます。
 
2009年から実施。病児・病後児保育、宿泊を伴う保育、その他緊急的な一時保育を会員同士の助け合い活動として行っています。新生児や月齢の小さい0歳児も対応しています。保育場所は利用会員宅、サポート会員宅等。平日8時~20時で1時間1,000円。※越生、嵐山、ときがわ、滑川、吉見、川島、毛呂山、美里は料金等が異なりますので各市町のページをご覧ください。サポーターの養成講習も各市町で行います。

事務局連絡先 048-297-2903 Mail byoujihoiku@oboe.ocn.ne.jp

緊急サポートセンター埼玉 川口市東川口4-2-20-102

詳細はコチラ。

嵐山町、越生町、ときがわ町、滑川町、吉見町、毛呂山町、美里町につきましてはファミリー・サポート・センターの運営も行います。緊急サポートは他市町とは異なる制度・料金になりますので詳細はお問い合わせ下さい。

③ファミリー・サポート・センター(埼玉県各市・町委託事業)

さいたま市、八潮市、越生町、嵐山町、ときがわ町、滑川町、吉見町、毛呂山町、美里町からの委託事業として行ないます。 

ファミリー・サポート・センター事業とは
「子育てを手伝ってほしい人」と「自分の空いた時間で子育てのお手伝いができる人」が会員となって地域ぐるみで行う、子育て支援事業です。保育所や学童保育、習い事の送迎が出来ない時、短時間子供を預かってもらいたい時などにご利用できます。

連絡先 

★さいたまファミリー・サポート・センター(さいたま市)

電話 048-814-1415 住所 さいたま市浦和区岸町7-6-13全埼玉県パンビル4階

詳細はこちら

★八潮市ファミリー・サポート・センター(八潮市)
電話 048-951-0312 住所 八潮市大瀬6-4-1(八潮子育てほっとステーション内)
詳細はこちら

★緊急サポートセンター埼玉(越生町、嵐山町、ときがわ町、滑川町、吉見町、毛呂山町、美里町)

電話 048-297-2903、048-299-3953 住所 川口市東川口4-2-20-102

詳細はこちら

各市町で異なる制度・料金になりますので詳細はお問い合わせ下さい。嵐山町、越生町、ときがわ町、滑川町、吉見町、毛呂山町、美里町につきましては緊急サポートセンターの運営も行っています。

④すみだ子育て支援ネット はぐ(Hug)(墨田区委託事業)

墨田区で1時間500円~の訪問型一時保育。サポート内容は4つあり、生後43日以降の0歳児保育も対応しています。(1)普段おうちで育児をされている保護者が体調を崩したり、通院する際に区認定の子育てサポーターがお子さんを一時的に保育する「在宅子育てママ救急ショートサポート」(2)保育園や幼稚園に通うお子さん、小学校3年生までのお子さんが風邪や熱などの軽病時、病後時に一時的に保育する「病後児(軽症病児)保育」(3)保護者の方が親族の看護や介護、冠婚葬祭、出張時に一時的に保育を行なう「緊急預かり」(4)療育のため児童通所サービスの給付決定を受けている児童が療育事業所に通所する際に、保護者が同行することにより他の兄弟姉妹が一時的に保育支援が必要となったときに、一時保育を行なう「療育タイムサポート」」(5)生後43日未満のお子さんの子育てをしている保護者の方が、母子への心身のケアに支援が必要となったとき、子育てサポーターの力をかり、自宅での寄り添いや一時保育をお願いする「エンジェルサポート」となっています。となっています。

体調不良は自己申告ですので育児疲れ、寝不足、ストレスを感じていて休みたいなどさまざまな場合に利用が可能です。
また、平成28年から、子どもショートステイ(最大6泊)を開始しています。区役所の認定が必要ですので、子育て支援総合センターにご連絡下さい。5630-6351

事務局連絡先

電話 救急ショートサポート、緊急預かり、療育タイムサポート、エンジェルサポートは 03-3616-1727

電話 病後児預かり 03-3616-5371

Mailは共通 byoujihoiku@oboe.ocn.ne.jp

すみだセンター 墨田区東向島1-10-17 

詳細はコチラ。

 

お住まいの地域で活動を始めたい方はメール等で一度ご相談下さい

地元で困っている方を応援したいがどう始めてよいのか分からない。お住まいの県で緊急サポートセンターが閉所した、始めてみたものの運営上課題がある、などお気軽にご相談下さい。入り口の情報提供が中心になってしまうかもしれませんが、自治体や医院、保育園、個人の方からのご連絡を受け対応させていただいています。

近場であれば、実際にお会いしてお話しや相談をすることも出来るとおもいます。(スケジュールは調整がいります)相談や情報提供は無償で行なっていますが、遠くに行く場合、交通費など実費は出してくださると助かります。

⑤八潮子育てほっとステーション(八潮市委託事業)

八潮駅から徒歩1分の場所で、子育てひろば事業、子育てコーディネーター(利用者支援事業)、ホームスタート事業(家庭訪問型子育て支援)、ファミリー・サポート・センター事業を一体的に行っています。

★子育てひろばとは・・ お問合せ 048-951ー0285 
・毎日行っています(12/29~1/3は休業)。10時~16時
お子さんと一緒に遊ぶことや子育ての悩み、不安など子育て中のお母さん同士で気軽に話すことが出来ます。また、子育ての知識や経験のある職員がいますので子育てに関する相談も気軽に出来ます。
 土日祝日には、お父さんの来場者も多数いらっしゃいます。
★子育てコーディネーター(利用者支援事業)とは・・お問合せ 048-951-0229
・月~金(祝休日も行っていますが12/29~1/3は休業) 10時~16時
子育て親子や妊産婦の要望に合わせて、子育て相談を受けたり、保育所や幼稚園などの多様な子育て支援事業を紹介するなど、適切な子育て支援機関やサービスに子育て親子をつなぐサポートをします。
★ホームスタート事業(家庭訪問型子育て支援)とは・・お問合せ 048-951-0269
・月~金(祝休日も行っていますが12/29~1/3は休業) 10時~16時
「外出しづらい」、「頼れる人が身近にいない」、そのような子育ての親子の家庭に、研修を受けた地域の子育て経験者が訪問し、子育て相談や、育児、家事などを一緒に行い、子育て親子をサポートします。
★ファミリー・サポート・センター事業とは・・お問合せ 048-951-0312
・月~土(祝休日及び12/29~1/3は休業)
「子育てを手伝ってほしい人」と「自分の空いた時間で子育てのお手伝いができる人」が会員となって地域ぐるみで行う、子育て支援事業です。

●各事業により、運営している日時が違いますのでご注意下さい。

住所 八潮市大瀬6-4-1(つくばエクスプレス八潮駅高架下)

詳細はコチラ。

⑥里親を増やす活動(埼玉県委託事業)

平成27年度から、埼玉県内では様々な事情で親元で暮らすことの出来ないお子さんが3000人近くいます。県庁の担当課や県内の児童相談所と協力をして、里親を始めたい方に、里親登録をしていただくための勉強会などを行っています。埼玉県内で里親に興味のある方は当会のメールまでご連絡をくださいますようお願いいたします。

詳細はこちら

賛助会員・寄付金募集

病児保育はまだまだ不足しており、困っている方、この支援を受けられない方が全国ではたくさんいらっしゃいます。また、サポートやサービスがあっても高額で利用できない方もたくさんいらっしゃいます。

当会はなるべく多くの方が利用できる料金で、広い地域の方がこのサポートを使えるようにしていきたいと思っています。

そのために、都内、埼玉で病児保育を実際に地域の助け合い活動として行なっているほか、自治体への活動開始のお願いや提案活動、全国各地からの開設・開業相談業務等を無償で13年間行なってきており、今までに100数十件の相談を受け、実際に施設や地域の助け合いにより10団体程度が開業をしています。

この活動に賛同し賛助をしていただける方、団体を募集しています。

申込方法 下記口座に賛助費をお振込みの上、メールにてお名前(必須)、ご住所(必須)、メールアドレス(必須)、電話番号(任意)をお送り下さい。賛助者証をお送りいたします。

賛助費 個人・団体 1口年3,000円で1口以上

振込み先 ゆうちょ銀行 〇五八(ぜろごはち)支店 普通口座 7318542

       ※ゆうちょ銀からの振込みの場合は 記号 10520 番号 73185421

また、寄付金も募集しております。寄付金は病児保育拡大のための活動に利用させていただきます。

バーコード

ブログ内検索